2020年1月23日木曜日

2020年1月 第3週

ここ1週間新婚旅行でメキシコ&アメリカに行っていた。
メキシコはカンクンのリゾートで、
ひたすら食って酒飲んで寝て、
プール入って本読んでの無限ループ。
これが極楽か〜という生活を送った。
一方、アメリカではディズニーワールドを
タイトな日程でぶっかまして完全廃人モード。
何とか今日から社会にバッカゲンしました。
定期的に長い期間休みとって出かけたいところです。
旅の道中で接したものを紹介します。

映画
飛行機で映画見るのそんなに好きではないので、
軽めにゾンビランド:ダブルタップを見た。
最初の10分、Youtubeで見れる。太っ腹。



支離滅裂で適当であればあるほど魅力が増していく。
一番アガったのは
ソーシャルネットワークのジェシー・アイゼンバーグ
シリコンバレーのトーマス・ミドルディッチが対面したこと。
新旧テック映画とドラマの共演。
ギーク同士の共鳴の描き方も最高。
銃社会の在り方という真面目な問いも
終盤に用意されているのだけど、
結局ぶっ放して全部おじゃんにしちゃうあたりも、
普通の映画なら大幅にテン下げすると思うけど、
そもそもこの映画に高尚なことを期待すること自体、
お門違いなんですね、と変に納得した。


移動中およびプールサイドでグイグイ読めた。
今年冒頭から良き読書体験連発で嬉しみ。


最高の任務
最高の任務
posted with amazlet at 20.01.23
乗代 雄介
講談社
売り上げランキング: 4,799


紙の動物園 (ケン・リュウ短篇傑作集1)
ケン リュウ
早川書房
売り上げランキング: 27,261

詳しくはブクログをご参考くださいませ。

音楽
新譜、色々リリース始まっていて
なかでも旅行中繰り返し聞いたのは
Circles/Mac Miller、RYC/Muramasaだった。
2枚とも旅情を誘うというか、
飛行機での移動中やホテルで聞くと
人生は有限で楽しまねばならぬ。そんな気持ちになった。



亡くなってからの初めてのリリース。
アウトテイク系ではなく亡くなる前まで
制作していたアルバムをMacの家族からの依頼で、
Swimmingで共作していたJohn Brionが作品として完成させた。
John Brionは映画のサントラ作家として有名で、
近年でいえばLady Birdのサントラも彼の仕事。
前作のSwimmingのメロウな流れをさらに加速させていて、
むちゃくちゃ好きなアルバムだった。
一ラッパーからミュージシャンになっていくところで
亡くなってしまったことが悔やまれる。
もともと1作目はrap+song、2作目はsong、3作目はrap
という三部作を予定していたらしく今回はまさにsongだった。
Macが自分で作っていた曲がいくつかあり、
その中のI Can Seeのコーラスが
Ariana Grandeかも?というサプライズもあった。
歌詞も死ぬことが分かっていたのかというくらいに、
エモーショナルでかっこいい。
NY TimesのJohn Brionへのインタビュー
上記の内容を説明していたし、
Apple MusicではZane Loweが詳しくヒアリングした内容が、
Webに公開されていた→リンク Youtubeでもその様子は見れる。
終始、彼がこみ上げるものを抑えているように見えて、
それでまた悲しい気持ちになった。





これは完全にエモだった。
23歳の若者がこんな音楽を作っていることに驚くし、
ノスタルジーから見えるその先、
というテーマはフレッシュに思う。
なぜならノスタルジーは悪とされがちなので。
インタビューでのこれらの発言がクリティカル。

“So the wider message of the album [is] 
that nostalgia is a good way of learning from the past, 
and using it to find some sort of joy in this quite difficult territory 
that we’re in now, socially, politically and whatever else.”

“I wanted to write an album about nostalgia,
and noticing that people my age are very heavily reliant on 
throwback things,” he explains. 
“#tbt, ‘you’re not a nineties kid you don’t remember this’, 
every film now is a reboot…we’re caught in this weird era where,
 because of what’s happened with digital integration, 
nothing is over anymore. It just gets recycled, 
and exists in some cloud server forever. 
I think it’s given us a real sense of cultural and shared nostalgia, 
and I wanted to explore that.”

ギターを大きくフィチャーしていて、
それがノスタルジーのキーだとも言っていた。
これでFeatに過去の人を呼んできたらイケてないけど、
Clairo, Georgia, slowthaiといった新しいタレントを
ゲストに迎えているところがかっこいいところ。
また本人がボーカルで歌っている曲も多く、
誰かに歌ってもらうのではなく
自分の声で伝えたいという気持ちの表れだろう。
今回のアルバムの曲をライブでやるために
バンドを組んでいるらしく生で見たい。
そこで若者たちが飛び跳ねているところも見たい。

2020年1月12日日曜日

2020年1月 第2週

仕事始まって早々に胃腸炎に罹患してしまい、
自分の不甲斐なさにうんざりしつつ、
本をたくさん読めてよかった。(サボりすぎ…)
世の中は大変物騒なことになっており、
すわ、戦争か!という空気が漂っていたものの、
今はだいぶ落ち着いて良かったなと素直に思う。
こういうときに何か言うのか、言わないのか、
という内容をSNSで散見した。
FBでの情報操作を筆頭に悪い方向での
echo chamberがメディアで取り上げられがちだけど、
良い方向でのecho chamberもあるのでは?と思っている。
ポピュリズムとこの辺の現象を絡めて、
丁寧に解説している本を読みたいですね。
今週はたまたまworking classがテーマのものに多く接していた。

映画
「わたしは、ダニエル・ブレイク」をNETFLIXで見た。



社会福祉のあり方をめちゃくちゃシビアに描いた映画で、
見ていて心が何度も苦しくなった。
初めてのケン・ローチ監督作品。
ずっと曇天のイギリス、ニューカッスルを舞台に
役所に振り回される恒例の老人の話で
それがオモシロくなっているのは監督の手腕なんだろうな。
自己責任論の台頭は日本に限らず、
資本主義国家ではどこでも顕在化しているのだなと知れた。
働かざる者食うべからず。という言葉の響きはいいが、
それが上手くいかなくてがんじがらめになるのは
誰のせいなんだ?国がある意味とは?
良くないことが色々と発生するけれど、
誰も悪くないのが切ない。
人間が自分たちで構築したシステムで、
自ら首を絞めている様を見ているようだった。
残酷な社会の中でも各人のギリギリの良心が
垣間見えるシーンが用意されていて、
それで多少は救われた。
逆にその臨界点ギリギリを超えてしまう、
フードバンクでの2人の子供の母親であるケイティの振る舞いは、
これまで見た映画でもトップクラスにしんどかった。
それぞれの得意なところを生かして、
ラストなんとか辿り着く直前に…世の中は残酷。
これはフィクションかもしれないけれど、
今起こっていることだという主張を強く感じた。


秋葉原事件 加藤智大の軌跡 (朝日文庫)
中島岳志
朝日新聞出版 (2013-06-07)
売り上げランキング: 40,979


聖なるズー (集英社学芸単行本)
集英社 (2019-11-26)
売り上げランキング: 1,103


やがて忘れる過程の途中(アイオワ日記)
滝口 悠生
NUMABOOKS
売り上げランキング: 24,194


CONFUSED! (ビームコミックス)
サヌキ ナオヤ
KADOKAWA (2019-10-12)
売り上げランキング: 76,717

病で床に伏せていたので結構読んだ。
どれもめちゃくちゃオモシロかった。
詳細はブクログ参照。

音楽
The Circus/Mick Jenkinsが今週の1枚。



派手じゃないけど渋くてかっこいい。
先行シングル CarefreeはBlackmilkがプロデュース。
MVもリリースされていて、そこからも分かるように
アフリカンアメリカンが警察からの当たりが強くて、
生きにくいことをシニカルにラップしている。

If you living carefree then you probably don't look like us

EARTHGANGをfeatに迎えたThe Lightも好き。
作家性強いラッパーだと思うけど、
EPでサクッとしているのも時代なのか。
で、あとはシングル。
Life is good/Future Feat. Drake
何回目かのコンビネーション。
MVで2人がいろんな仕事に従事しているのオモシロい。
全カット、ミームになりそうな勢い。
最近よくあるトラック違うパターンのやつで、
個人的にはDrakeの方が好きだった。



Underdog/Alicia Keys
Ed Sheeran周りがProduceしている、
次のアルバムからの先行カットとのこと。
タイトルどおりこれもworkers classから
rise upしようぜという曲。
Aliciaはエモい曲を歌うと本当に映える。



あとMac Millerのアルバム「Circle」が
来週リリースされるにあたり、
先行シングルで出たGood Newsも良かった。



リリックを読んでいると亡くなったことが悲しくなる。

I'll finally discover 
That there's a whole lot more for me waitin'

Swimmingと対を為すらしいCircle、超楽しみ。

2020年1月6日月曜日

2020年1月 第1週

日別に日記をつけること、それはそれで意味があって
オモシロいと思い約2年ほど書いてきた。
しかし、そこまで日常を微分できなくなっており、
振り返っても読み切れない。
ということで振り返りやすく、
もう少しログを取るという認識で
今年はブログを運営してみようかと思います。
そういう意味では各種SNSは有用で
ハブとしてTwitterを久々に使い始めた。
今のところはいい感じだけど、
諸々リリース量が多くなると回らなくする気もしている…
とりあえずやれるところまでやってみたい。

映画
久々に年始東京にいて、
元旦/2日と映画を見に行ったけれど、
道中、お盆とか比べものにならないくらい、
人がいなくて快適だった。
見たのはスターウォーズとパラサイト。
スターウォーズはほぼoldファン向けの接待かつ、
フォースの拡大解釈でお茶を濁しつつ終わっていった印象。
戦闘シーンはさすがのJJでエピソード8に比べたら
迫力あったし随分オモシロかった。
ただスカイウォーカー・サーガの
エンディングがこれかと思うと、
そこまで思い入れないけど複雑な気持ちに…
この作品をもって、
それぞれのスターウォーズ史観ができたと思うので、
色んな人の意見を聞いたみたいなと思う。
対照的に「パラサイト」はすべてが超フレッシュで
めちゃくちゃオモシロかった。


これを超える映画に今年出会えるのだろうか。
ネタバレしないでね!と上映前に監督であるポンジュノから
直々に言われているので詳細は語りませんが、
「スノーピアサー」好きとしてはアガるしかなかった。
水平から垂直へ、格差社会はそこにある…ここまでにしましょう。
僕の友達でこれを読んでいる人は全員見てほしい。
ストリーミングでは「マリッジ・ストーリー」
「1987、ある闘いの真実」を見ました。
2つとも圧巻の出来で正月は、
オモシロい映画しか見ていない。幸福。

今年は読書の年にしようと思い、
隙間時間および家にいるときも読書している。
今週は年末にセールで買った、
「折りたたみ北京」を読了。





レビューはブクログにつけた→リンク
ブクログ、旧世代SNSとして牧歌的な感じが逆に良い。

音楽
新譜のリリースがないので
去年のベストとか見たりして聞いていた。
その中ではKiwanuka/Michael Kiwanukaが
めちゃくちゃかっこいい。


ビンテージソウルの雰囲気をまといつつ、
ジミヘンの要素も含んでいて
全方位に強いブラックミュージックといった感じ。
前作のLove&HateからDanger Mouseが
producerとして参加しており、
そのおかげか温故知新が達成されて、
古臭くないサウンドになっていると思う。
(1STはその古臭さが評価されたのかもしれなが)
政治と音楽がHeroという曲で表現されており、
警察に暗殺されたFred Hamptonという
ブラックパンサー党のactivistと、
最近のBlack Lives Matterを絡めたオマージュとなっている。
(今回初めて知ったけどKendrick Lamar、
Jay-Z、Rick Rossも彼のことを曲で引用している模様)
ラップに限らず歌だとしても
自分の態度を示してるのはかっこいい。
では日本では?という問いにはMOMENT JOONと答えよう。
Youtubeで公開されたTENO HIRAが素晴らしかった。


日本でぶっちぎりにHIPHOPやってる。
“俺の英雄は二度と死なせない”
とECDのことを歌えるラッパーは、
あと日本にどれだけいるだろうか。
わずかだけど一緒にやっていたというのもあるし、
胸糞悪いラッパーの素行の数々が目に付くからこそ、
真剣に向き合っている彼みたいなラッパーこそ成功して欲しい。

2020年1月2日木曜日

2019年12月 第4週

12月23日
ZION IV/9th wonderで出社。



1分くらいのが山ほど入っているタイプのbeat tape。
雑なサンプルの組み方のものもあれば、
うおーっ!となる曲もあったりで玉石混交。
シンガーのSmittyが参加しているCan’t breathがめっちゃ好き。
夜、納会的なものが社内で開催されたので一応参加した。
立食でめっちゃ面倒な感じだったので、
食べるだけ食べ、飲めるだけ飲んでそそくさと退散。
帰宅してアイス食べながら、
Rhythm+Flowを見ていたところで
選考過程としてラップバトルがあった。
日本のようにフリースタイルではなく
曲にして互いにディスしあうバトル。
参加者たちの多くがバトルを嫌がっているのが印象的だった。
USでも当然バトルの文化は存在するけれど、
それといわゆるHIPHOPシーンは分断していて、
USにおけるHIPHOPの価値観は
アートにかなり近接した自己表現の1つなんだなと思った。
日本だと当たり前やけど同じクルー同士とか尊敬している相手なのに、
悪口言って戦わないといけないのは相当しんどいよなと思う。
しかも今回はcompetitionでお互いライバルという、
比較的イージーな状況でもこの感じなのは意外だった。
バトルして負けた方が落ちるというシステムだったので、
良いラッパーなのに落ちてしまったり、
たいして光るものないのに残っている
ラッパーがいたりで残念な感じだった。
あとTIPと麻生太郎、顔似てる。

12月24日
クリスマスなので自由が丘のレストランで食事した。
毎年家でモスチキンを食べる生活だったけど、
今年はレストラン行きますかーとなってイタリアンを食した。
こじんまりした街のイタリアンだったけど、
とてもおいしかった。また行きたい。

12月25日
息吹(Exhalation)/Ted Chiang を読了。
息吹
息吹
posted with amazlet at 20.01.02
テッド・チャン
早川書房
売り上げランキング: 486



年末駆け込み読書としてはマジで最高の体験だった。
短編集作家でこれが2作目という寡作っぷりなんだけど、
リリースされるものは抜群にオモシロい。
事実の不確かさ、忘却といったテーマが全作品に通底していて、
時代とマッチしつつ、少し先のテクノロジーが合わさることで
読み応えがある素晴らしい作品となっていた。
表題作品の息吹がぶっちぎりに好きだ。
こんなに短い小説でこれだけ心が動かされるようなことがあるだなんて、
本を読む喜びここにあり、と思わされた。
exhalationに「息吹」と意訳したの天才かよ!最高!
動的平衡を早々に読みたくなるような、
すべてフロウしているという話が最高にスリリング。
全体的に題材としているテクノロジー自体は
特別フレッシュではないけど、
どの短編もテクノロジーと人間の関係について、
新鮮な視点の提示がある。
今回はその点が圧巻だなと思う。
冒頭の「商人と錬金術師の門」とかまさにそれ。
あと過去は変えられない、という強い意志も感じる。
SFだと変えてしまったことで
云々みたいな話が多いと思うけど、
彼の中ではかたくなに過去は変えられない。
それが一番顕著なのは「偽りのない事実、偽りのない気持ち」で、
お父さんの過去の認識のずれの件とかめっちゃ辛かったな…
今年の初めにあなたの人生の物語を読んでから、
SFを積極的に読む年として
今年は積極的に古典から新刊まで読んだけど、
これまでと異なる読書体験が多くあったので楽しかった。
来年はどこまで何を読めるだろうか。
帰り道、東京駅周辺で開催されている
イルミネーション行事に遭遇。
光にまとわりつく蛾のごとく、
あまりの人の多さに頭がくらくらする。
丸善で滝口悠生の新刊をゲットして帰宅。

12月26日
年末のにおいしかしなかった。

12月27日
午前中テレワーク。昨日届いた16FLIPのミックスを聞きながら。
良い意味で「らしくない」選曲の連べ打ちで新鮮だった。
てかこの辺も抑えているのかーと思うと興味深い。
最近PUNPEEのラジオに出演した際に発言していたことが
めちゃくちゃオモシロくて、
Boon bap至上主義でもなんでもないと言って、
スネアの音色1つ取ってもトラップの影響を
受けていないとはいえないと。
書き起こしあるので是非読んで見てほしい。

PUNPEEとISSUGI ラップスタイルの変遷を語る

仕事をひっそりと納めて、午後からRhythm+Flowを見終えた。
めちゃくちゃ良かった…HIPHOPは最高の音楽。
オーディションの過程がHIPHOPゲームで
必要な要素が散りばめられているのが肝で、
出場者たちがオーディションが終わったあと、
この番組に関係なく勝ち上がっていく姿が想像できる。
年齢、人種、性別に関係なくかっこよければ、
すべて良しな姿勢もHIPHOPの大事な要素だなと思った。
あとHIPHOPは完全に自己を表現するための、
アートの1つなんですよ、ということを痛感した。
バトルもあったし当然好きだしオモシロいと思うけど、
やっぱりアート、カルチャーとしてのHIPHOPが好き。
HIPHOPがグローバルに拡大した21世紀、
最初に始まったアメリカでの競争は
信じられないくらい厳しいことが
オーディションを見ているとよく分かる。
同じような内容が日本で開催されたときに、
決勝の4人が魅せたようなパフォーマンスが見れるのか。
まだまだそこには開きがあるというか、
get richな気持ちだけではもはや勝てない世界になっている。
出場者の皆が一様に家族を思う気持ちを
正直に吐露しているのがカルチャーギャップとして印象的。
個人的には一番好きだったD Smokeが優勝して嬉しかった。
なかでもサンプリングを使うステージで披露した、
When The Kids Pull upが好きすぎて、、、
めちゃくちゃ泣いてしまった…
音楽的素養が高くてアイデアマンだから、
Kendrickなポジションまで行くかもしれない。
余韻があまりにも強烈だったので、
決勝出場者をApple music で検索すると、
皆しっかりアルバムリリースして、その辺の抜かりなさも
皆が真剣に音楽と向き合っている証拠だなーと感心した。
アルバムで聞くと、Troyman、Flawless Realtalkが良きだった。
前職の会社の人と年末恒例の飲み会。
音楽とか映画とか色んな話をできるのが楽しい。
金の蔵でさっくり飲んだ後に、
ミッケラン→tangleとハシゴして喧騒まみれの渋谷を渡り歩いた。

12月28日
午後、新幹線で移動。B席に大きな豚がいると思ったら、
それは人間だった。A席で圧力を感じつつ、
ノイズキャンセルヘッドホンのおかげで名古屋手前まで爆睡。
寝起きスッキリで、猫のあしあと/町田康を読了。


猫のあしあと (講談社文庫)
町田 康
講談社 (2012-12-14)
売り上げランキング: 188,633



町田康を色々と読んでいこうモードで読んでみた。
保護猫を迎えて暮らしていく生活に関するエッセイで、
猫日記とも言える内容でオモシロかった。
自治体に殺処分されるかもしれない猫を
次々に引き受けていき、彼ら彼女らを病院に連れていって、
何とか命を紡いでいく過程が本当に尊い。
猫たちが怯えるのは人間たちにひどい目にあったからで、
その警戒心を日々の生活で解いていく。
オモシロいのは猫たちにセリフを当てているところで、
本作はそこで町田節が発揮されていた。
猫に大阪弁当てるのオモシロい。
最後の方でゲンゾーという猫の話が出てくるのだけど、
そこは泣いてしまった。
命を預かっているという自覚を持たないで
生き物の命に安易に干渉することだけは
絶対に避けなければならない。
ペットというのは決して下僕ではないのである。
そういったことがひしひしと伝わってくるエンディングで、
あとがきも含めてグッときた。
これを読んでいたときに聞いていたのは
Ancestral Recall/Christian Scott aTunde Adjuah



昨日の飲み会で教えてもらって早速聞いてみた。良き。
10年代のジャズを代表するトランペッターのアルバム。
ヘッドホンで聞くとトランペットの
空間的な鳴りをしっかりと味わえる。
こういうジャズ系は作業するときのBGMにはぴったり。
帰宅後、ポッドキャストを収録。実家でポッドキャスト。
今年の本の話をした。本の話をすると本を読みたくなる。

12月29日
昨日収録したポッドキャストの編集したり、
本を読んだりを行ったり来たり。
収録翌日即アップロードスタイル。
夜、久々に先輩と天満で飲んだ。
仕事の話とかエンタメの話とか積もる話を
延々としていたら4時間くらい飲みあげていた。
その後、また別のパイセンの家にお邪魔して、
オールザッツを見るという、
いつかの年末を思い出すような夜だった。
その後、タクシーで大阪の街を走り抜けて泥酔で帰宅。

12月30日
墓参りとおばあちゃんの家に訪問。
毎年恒例の行事だけど今年は奥さんがいるので、
不思議な感覚だった。
おばあちゃんがとても喜んでいるようだったので、
それを見ると天邪鬼な僕でもグッとくることがあった。
気をきかせて幼い頃の写真を用意してくれていて、
それを見るとなぜこんな無邪気な子どもが
ここまでヒネくれた人間になってしまったのか…
と自分で思う不憫さがあった。来年のテーマは素直かな。

12月31日
東京に帰るのは夜の新幹線にしていたので、
奥さんが大阪で行きたいところをブラリすることに。
昼食で食べたのは人類みな麺類というラーメン屋。
死ぬほど寒い中、2時間並んで死ぬかと思った…美味しかったけど。
梅田の阪急とか北浜とか色々行くものの、
人が死ぬほど多いか何も営業していないかのどちらかだった。
最後に予約していたレストランに行くものの、
二人とも疲労困憊で早急に退散。
新幹線の時間を早めて帰京。
大晦日の新幹線はめっちゃ空いていて快適だった。
帰宅後はRIZIN。どの試合も見所だらけで最高だった。
バンタム級戦線はとくにカオス。
ケイプvs扇久保が最優先カードなのか。
朝倉海と堀口の再戦はどうなるのか。
石渡、元谷は好きだから何とか1勝してカムバックして欲しい。
なんとなくチャンネルをザッピングしていたら、
なんとなく2019年が終わっていた。
今年1年、少しでも読んでいただいた
皆様ありがとうございました。
2020年はこの形では更新しないと思いますが、
なんらか書いて、生きたい所存です。
気が向いたら読んでください。