2020年7月13日月曜日

2020年7月 第2週

7月6日
張り切って英語で日記を書いたものの結局三日坊主というか面倒になってしまった。ポッドキャストでも話したのだけど結局モチベなんだよなーとにかく「聞けて読める」ようになることを当面の目標としたい。トラスムンドの特典でついていたラジオを聞きながら仕事。ISSUGIのdigり具合とその一貫性にはもう頭が上がりません…飽き性で雑食のような僕にとってはピッと背筋が伸びる。

7月7日
ポッドキャストの新しいエピソードをリリースしました。英語学習について知りたい/興味ある人は聞いてみてください。 


夜、バーミキュラで無水ロールキャベツにトライ。めちゃくちゃ美味しくできてハッピー。入れて火にかけておいたら勝手に出来上がって美味しいのだから最高。

7月8日
ロールキャベツの材料の残りでお昼にペペロンチーノを作ろかなーと昨日の夜に話していて、Youtubeでレシピ見るかと思ったら検索せずにレコメンド画面に出てきて驚いた。これはもうGoogle home に聞かれていることは間違いないなと思った。そして、その動画で紹介されている作り方がめっちゃ新鮮でミキサーで水とオリーブオイルとにんにくを乳化させてしまってから麺の余熱で調理する。ミキサーいるので面倒だけどその手間をかけてもいいくらい美味しかった。その動画のコメント欄に乳化警察なる言葉がありペペロンチーノの作り方を語る世界では乳化にめちゃくちゃ厳しい模様。世の中にはいろんな警察がいるなと勉強になった。



仕事終わりにクレ556、アルカリ電解水、ウタマロを駆使して自転車を掃除した。かなりきれいになったと思う。そのときISSUGIとBESの出演したラジオを聞いた。2人が楽しそうに話しているのが印象的。とくにBESが最近のラップの書き方について話しているときのISSUGIの興奮がよく伝わってきた。生の声を聞けるのありがたい。誰か早急に深堀りしたインタビュー取ってほしい。とか言ってたらFNMNLから出た→https://fnmnl.tv/2020/07/10/101176

7月9日
mixcloudでよさげなミックスを仕事中のBGMにするのが一番仕事に集中できることに長いテレワーク期間でやっと気づいた。アルバムだと意味とか考えてしまってあんまり良くないけどミックスだとイイ意味で”流れていく”。色々聞いてるけどG.RINA氏のミックスがかなり心地よくてナイス。ここ数年のインプットとアウトプットがきれいにまとまっていて、いわゆるブギーや最近のトレンドである90’s R&Bバイブスがふんだんに入っている。

 
そんなの聞きつつ、POPEYEが読書特集だと聞きつけてdマガジンで読みあさる。久々に読むと服のキャプションの横についている主語の見えない文章が気持ち悪かった。オマエ誰やねん? とか言いながらつまみ読みして満足した。読書でいえばマイケル・オンダーチェの「戦下の淡き光」読了。ジャケ読み成功例でかなりオモシロかったので他の作品も読んでみたい。

7月10日
「ブックオフ大学ぶらぶら学部」読了。めちゃくちゃオモシロかった。100人いれば100通りのブックオフとの思い出があるよなと思う。僕は何年か前、年始に友人とブックオフへ行ってオススメを紹介しあってお互いに本を買う、みたいな遊びをしていたのが思い出。新刊書店でも可能な遊びだけどブックオフの棚が生み出すセレンディピティにこそ価値があると思っていた。あと「せどり」と呼ばれる転売ヤーの歴史についても細かく記載されており史実としても貴重。この本に寄稿している人たちがブックオフの同じ店舗にいると夢想するぐらいの連帯感のあるエッセイ集。手に入りにくくなってしまったようだけど、全てのブックオフLover必読の書です。

7月11日
天気もあまり良くないので徒歩圏内での買い物へ。ユニクロと無印で無意味に服を買ってしまった。UNIQLO U の新商品で表はコットン/裏はエアリズムというトリッキーなTシャツを買った。機能性とデザインが両立しているものを見ると良いなと思って買ってしまう。テレワーク下で誰と会う訳でもないので機能性ばかり求めると「おじさん化」がエクスポネンシャル に加速していくので気をつけたい。 
あと最近外出するたびにスタバのコールドブリュー コーヒー フローズンレモネードをほぼ100%飲んでいる。コーヒー以外は基本的に発注しないのだけど、これは甘さ控えめでレモンとコールドブリューの相性が抜群でグビグビ飲んじゃう。夏のあいだ、ずっと売っていて欲しい。
帰ってきたらサドルが届いていたので装着。バーテープを白にしたのでサドルも白にした。
この投稿をInstagramで見る

2020←2010

FKA YAMADA(@afro108)がシェアした投稿 -


2010年に買ってもう10年経ったと思うと怖くなる。買った当時のブログを読むと文体がキモすぎて死ぬかと思った。大阪爆走しまくっていた当時をレミニスしつつ傷だらけなので横長のイケてるステッカーで貼って隠したいのが次のメンテナンス目標。(傷直しではもはやどうにもならないレベルの深手なので。)

7月12日
あんまり寝つきが良くなくて早朝に起きて「知的生産の技術」を読了。ポッドキャストで教えてもらった本で未来人の視点で読むと驚きの連続だし今でも通用するパンチライン多めでオモシロかった。Kindleで読めるノンフィクション系のレコメンド求む。
奥さんの希望で中目黒まで赴いてモーニング。おしゃれなお店だった。お腹いっぱいになったので腹ごなしにブラブラしたけど人は少なく200人も発生してるから出歩く人は少ないのか。と思いきや最寄の駅に戻ると人がたくさんいた。緊急事態宣言までは必要ないのかもだけど、奥さんが毎日出社させられているの見ると「テレワークにしろ」という号令はあった方がいいのかも知れないと思う。来週はどこまで感染は拡大するのでしょうか?

2020年7月9日木曜日

2020 July 1st week

July 1
I finished reading Three Body Problem Series, Black The Dark Forest. This is a great entertainment and makes me to think a lot of things about the relationship between the world and space. I wrote a review with spoilers on  ブクログ. Please read it if you  finished reading. I started to read In Altre Parole by Jhumpa Lahiri. I am writing a diary in English because of this book. She wrote a diary when she lived in Italy and her story inspire me to write the diary.

July 2
Bose TV Speaker  finally arrived. I connected to my TV, but the speaker didn’t sync with it and had a delay. I googled the reason and changed TV setting, it worked well. We watched a baseball game  on DAZN and music live contents on Youtube. I felt Bose’s Amazing sound. Its difficult to go to the venues to listen music because of COVID-19, but some artists are preparing streaming live. So I’m looking forward to watch my favorite bands and HIPHOP artists with this speaker.
 
July 3
I went to a near bicycle shop and ask him to change handlebar tapes and a chain. I also want to remove rust from my bicycle. Let’s get ready for summer.

July 4
I went to Shimotakaiodo and Shimokitazawa for shopping. I got “Purple Ability” by BES & ISSUGI at Trasumundo. Trasumundo is a local CD & record store in Shimotakaido. There are a lot of Japanese underground HIPHOP artist’s works. I need a local CD & record shop like this around my area. 

July 5
Tokyo gubernatorial election, 2020 was held and I voted. There was a disappointing result for me, but we have to keep watching her claim and behavior.
I recorded a episode for my podcast with my friend in San Francisco. We talked about technology, gadget studying English and so on. This episode will be released next week.
At night, I enjoyed watching Formula 1 on DAZN. This is the first race of this season. I expected Max Verstappen will beat 2 Mercedes, however he was out at early stage of the race. Arbon, who is teammate of Max, Redbull, had a chance to win but his trial failed. A lot of car had accidents and retired the race. Next week Formula 1 will be held at the same circuit in Austria to avoid risk to catch coronavirus.

2020年7月1日水曜日

2020年6月 第4週

6月22日
今期の目標面談があった。上司が変わって初めてちゃんと話す感じだったのだけど、立場をよく理解してくれそうな人で安心した。仕事中に聞いていたSaultの新譜がめちゃくちゃかっこよくて興奮。パーソナルな情報が具体的には出てないミステリアスな感じ。去年に2枚アルバム出ていて早くも3枚目で超ハイペースなリリース。ジャケット/タイトルから分かるようにBLMがトリガーになっている。勢いでLPを3枚ともbandcampから購入してしまった。Frank Ocean以来の海外通販、楽しみ。

6月23日
ポッドキャストとミックスをアップロード。久しぶりに夏のミックスを作りました。2人で作ったのだけどもかなり良い感じになった。ポッドキャストはそのミックスの解説。ダラダラだべっているので合わせてどうぞ。


三体が2日で半分くらいまで来たので今週中には復習完了しそう。だいぶ忘れていた。2回読んでも余裕でめちゃくちゃオモシロい。話の筋はおおむね思い出してきたので言い回しやお気に入りのラインを見つける余裕がある。同じ本を何回も読むのもありな気がする。

6月24日
アップロードしたミックスに一部不備があり再度アップロードしなおしたりした。三体I、再読終了。忘れていたことが山盛りだったので、やっぱり読み返してよかった。今回読んだ記憶を定着させるため何らかの形でまとめておかなければ…そして三体II 黒暗密林を読み始めたのだけど読み直していたおかげで、すっと入っていけて良し。

6月25日
給料日。disk unionの買取でCDとレコードのいらないものを整理することにしたので、それの整理もした。聞かないものを手放して量より質スタイルで生きていきたい。そして給付金もあるしボーナスもあるので思い切ってレコード爆買いした。 support your favorite store!

6月26日
バーミキュラを定額給付金で買った。まだ振り込まれていないけど見込みで。ネットで売ってなかったので奥さんが仕事帰りにお店で買ってきてくれた。これから暑い季節だけど煮込み料理がはかどりそう。

6月27日
午前中に先日買ったレコードが届いた。買ったのは4枚。どれもトーンが似ていて最近好きな音像がはっきりしてきている感じがある。

NICK HAKIM / WILL THIS MAKE ME GOOD 
NYブルックリンのシンガーソングライター本作が2枚目。ケイオスの中に訪れるメロウネスがめちゃくちゃ癖になる。とくにアルバム後半、レコードでいえばD面の流れが最高…

THUNDERCAT / IT IS WHAT IT IS 
言わずもがなの現在一注目すべきベーシスト。前作のヨットロックなサウンドからさらに一皮むけて、よりHIPHOP/R&B要素が強くなり好きなバランスのサウンドとなっていたので購入。 Flying LotusがProducerとして全曲にコミットしていることも影響している気がする。Dragonball Duragなる怪曲も好きだけど一番好きなのは"Fair Chance" (featuring Ty Dolla $ign and Lil B)

BRUNO MAJOR / TO LET AGOOD THING DIE 
free soulの祖こと橋本徹氏のdublab.jpの番組で知ったUKのシンガーソングライター。 Mikkiでインタビューを日本語で読めるので詳しいことはそちらを参照ください→リンク
圧倒的に声がかっこいい…サウンドはギター中心でモダンなR&Bの要素もたぶんに含みつつ往年のソウルへのリスペクトをふんだんに感じる。温故知新。

HOLY HIVE / FLOAT BACK TO YOU
小袋成彬のラジオ番組MUSIC HUBで1枚まるごと紹介されていて知った。
NYブルックリンのバンド。ドラマーHomer SteinweissはベテランでスタジオミュージシャンとしてLady Gaga, Amy Winehouse, Bruno Marsの曲でドラムを叩いている。ボーカルのPaul Springはミネソタ出身のフォークシンガー。この2人によるケミストリー、つまりソウル/ファンクとフォークの素敵なマリアージュがHOLY HIVEと言えると思う。スネアの鳴りとグルーブがとても好みだし、その上に乗っかるファルセットボイスも美しい。レコードで聞くと味わいがより深くて超最高。

4枚引き取ったのち買取でCDとレコード合わせて100枚くらい手放して精神衛生上は良い感じ。夜、奥さんが見つけてきたスペインバルで外食。めちゃくちゃ美味しかった。このクオリティが食べれるならわざわざ都会まで出かける必要なし。メニューも豊富なので何回も楽しめそう。あと初めて飲んだオレンジワインがとても美味しかった。フルーツのオレンジというわけではなく白ワインの材料で赤ワインと同じ作り方をしたワインのことらしい。

6月28日
雨が降ったので家にいた。 ひたすら三体IIを読んで上巻読了。まだ下巻あるので途中だけどエンタメばりばりでオモシロい。三体Ⅰをしっかり読んでから突入したことで世界観を思い出した上で読んでよかった。次Ⅲを読むときには全部読み直すのかと思うとしんどいけど。
読んでいるあいだバーミキュラで豚軟骨をぐつぐつ煮てソーキを作った。火の入り方がよくとても美味しくできて幸福。夜ご飯としていただいて愛の不時着を2話分みた。もうクライマックスもクライマックスで見たあとしばらく寝付けなかった。

6月29日
BOSEのテレビ用スピーカーをポチった。新製品らしく来月届く予定。仕事終わってから延々と三体IIの下巻、マジで読書ドライブが止まらない。特に未来の設定のギミックが最&高。Kindleが壊れてiPadとiPhoneで読んでいて早く買い換えたいけどプライムセールが9月にあって絶対安くなるから我慢…

6月30日
ボーナスの日。景気もあんまり良くないし自由に使うのは定額給付金範囲内の予定。新しいMacが欲しいので、それまでコツコツと貯金していきたい。2009年に買ったiMacはもう限界だからOSがBig SurになったらMac  mini買いたい。
NiziUのEPやPVが公開されて親のような気持ちでそれぞれ見たり聞いた。久々にオーディション番組をがっつり見てしまったがゆえに聞かざるをえない…K-POPはモダンなR&BやEDM, Future Bassを下敷きにしているので聞いていて楽しいし純粋にかっこいいと思える箇所が楽曲中にあるのが良い。「虹の向こうへ」のサビの「元気になるPlaylist  シャッフルしてお気に入り」がお気に入り。
今日から奥さんがフル出勤なので晩ご飯担当。今日は鯖の塩焼き、豆苗のにんにく炒め、味噌汁。初めてバーミキュラで白米を炊いてみた。確かに美味しい気がした。
ご飯食べてダラダラしてたらPUNPEEの新曲のビデオがリリースされて、まさかのfeatはKREVA。しかもビートはNottzだなんて誰がこんな未来を想像した?サンプリングビートでバキバキにラップするKREVAは最近見れないし本人も当然意識しているだろうから無双バースだった。(2人のリリックにおけるドラムの対比も最高。2人ともビートを作ってリリックを書く。)と興奮したまま就寝。

2020年6月22日月曜日

2020年6月 第3週

6月15日
みんなどうやって仕事のモチベーションを維持しているのか。月曜日は特に休みとの区別がつかないので全くやる気が出なくて困っている。とりあえずラジオでも聞くかーとラランドのTBSでの特別番組をタイムフリーで聞くところからスタート。本編はだいぶ薄味だったんだけど延長戦としてYouTubeで生放送していたよう。それがアーカイブされていたので聞いてみると死ぬかと思うくらい笑った。中敷き大喜利最高。久々にミックスを作っていてそれが完成した。いい感じになってよかった。音数少なめの夏。

6月16日
「その名にちなんで」読了。「まじラヒリ〜」と言いたくなるほど今回もオモシロかった。これでアメリカのインド2世シリーズは終了したので、いよいよイタリアへ移住した後の話を読むフェーズに突入した。一体どんな内容なんだろうか。今からとても楽しみ。
仕事中に中抜けして役所まで書類を取りに行く。この手の手続き得意ではないので何をもらえばいいのか分からず徘徊。平日の役所は香ばしい人が多い。
奥さんが仕事で帰りが遅かったのでDa 5 Bloodsを見た。

スパイク・リー監督作品。ベトナム戦争とBLMを絡めた作品でめちゃくちゃオモシロかった。このタイミングということもあるかもしれないけど、スパイク・リーで一番好きな作品かも。ベトナムで一緒に戦った兵士たちがベトナムに埋めた金塊を探しに行く過程で様々なトラブルに巻き込まれる。相互不信が最悪の結果を招くというのを体現しているポールというキャラクターが一番象徴的。彼がいるおかげで映画としての魅力がマシマシなんだけど実社会にいたら戸惑ってしまう。理想を掲げて戦うのはチャドウィック・ボーズマン演じるノーマンなんだけど彼はあっけなく死んでしまう。そしてポールはノーマンの亡霊に悩まされる。つまり正しいと分かっていても態度に出せないもどかしさが一転してバイオレンスに走ってしまう切なさがあった。
あとMarvin Gayeの音楽の使い方が絶妙で冒頭もそうだし特にWhat's Goin’ On のアカペラを使ったジャングル演出が最高にかっこよかった。映画館で映画見たい気持ちになった。
あとポッドキャストをアップロードした。今回はcold brew usとの共同収録。お時間あれば聞いてみてください。ブックカバーも作ったのでよろしければどうぞ。


6月17日
仕事終わり3ヶ月ぶりに美容院へ。いつも行っているところは不特定多数の人がたくさん出入りしてそうなので良さげな個人サロンにした。切ってくれた人も天パだったようで諸々相談しつつ切ってもらっていい感じになった。大学生以来のアフロヘアだったけど相当短くした。これでいつでも会社に行ける準備は整った。帰りに奥さんと合流して前から気になっていたベトナム料理屋へ。信じられないくらい美味しかった。しかもBGMが店の人の趣味全開という感じなのがさらによい。( スペアザ→dodoというアクロバティックさ!)お店を出ると21時すぎだったけど商店街は閑散としていて自粛解除されても元に戻るまでは時間がかかるのだろうな。帰り道コンビニに寄って新しいフレイバーが出たら必ず飲む99.99、ライチ味が新たに出ていた。それを飲みながら愛の不時着を見て、さらにQueer eyeも1つ見て夜更かししてしまった。

6月18日
仕事中のドリンクとして水出ししたアイスコーヒーにバニラアイスをぶっこむコーヒーフロートがマイブームです。昼休みに、ニコライ・ゴーゴリ、外套読了。ラヒリの「その名にちなんで」で大きくフィーチャーされていたので読んでみた。独特の文体でとっつきにくかったけど読めた。官僚システムのしょうもなさについて、この時代から揶揄していて人間はなかなか進化できないのかとと遠い目になった。なけなしの金で買った外套を盗まれてしまう話なんだけど子どもの頃にドラゴンボールカードを水泳教室で盗まれたことを思い出して切ない気持ちになる。こういうクラシック系は青空文庫のKindleでタダで読めるのはとてもありがたい。

6月19日
村上春樹、カンガルー日和読了。ノルウェーの森を読んだことで晴れてハルキストの道を歩み始めたので家にある奥さんの文庫を読んだ。なんで村上春樹がこんなに人気なのかと思うと圧倒的な読みやすさにあると思う。かなりファンシー系だったのでそれよりもリアリスティックなやつを読みたい。
三体の新刊が出ているので読みたいのだけども1巻の内容をまったく思い出せず。色々ネタバレサイトを見ても何がどういう経緯だったのか全く思い出せず…大人しく読み直すしかないのかと心の中で葛藤している。読んだ本読み返すより新しい本を読みたいタイプ。

6月20日
午前中にBluetooth トランスミッターが届いた。家で音楽を聞くときにはレコードか、O/I経由でiMacの音を鳴らしている。けど操作が面倒なのでiPhoneで気軽に再生できるかなと思ってググっていたらRCA(赤白ケーブル)のものがあったので購入。これでアンプからiPhoneの音を気軽に鳴らせるようになった。鳴りはややしょぼいけどBGMとしては十分かな。
奥さんが実家に帰ったので午後は家でビートメイキングに没頭。今はYoutubeで動画で解説してくれるので分からないことがググって秒で解決するので大変助かる。トラップのビートパターンとか組んでみたりした。聞いているときに謎だったこと(ハイハットのロールなど)が分かったりして楽しい。ビート組むのは簡単にできるけど上ネタがあんまり思いつかない。とりあえずポッドキャストのoutroだけ完成した。そして夜、ポッドキャスト収録。あんまり言葉にすべきではないところをあえて説明してしまう内容だけど楽しかった。
Queer eye Season 5を全部見終えた。セルフケアのことは忘れがちなので定期的に更新されるこのリアリティショーはメンタルケアとして重要になっている。一番好きだったのは「花嫁の父」かな。あと最後のエピソードでMacy Grayの弟出てきたのはビックリした。

6月21日
起きたら12時前で時間を無駄にしている感じ。Prime video で「アップグレード」を見た。信頼する先輩がSNSでプッシュしていたから楽しみにしていたんだけど、かなりオモシロかった。近未来の描写がとてもフレッシュ。ありそうでなさそうな、そのギリギリのラインでガジェット好きとしてはテンションが上がった。アクションも超カッコよくて、カメラがぐるっと回るような撮り方(?)をしていて見たことない画になっていた。マトリックスで提示されたSFにおけるアクションがそれこそ「アップグレード」されたような感覚がある。人間と非人間の狭間で機械(人工知能)にコントロールを渡すのか、渡さないのか。サイボーグ同士の悲しい殺し合いの先に待っている結末も好きだったな。実家に帰っていた奥さんと駅で合流して中華料理屋で晩ご飯。帰って重い腰を上げて三体を再読し始めたら、するすると読めてやっぱり超おもしれーとなりながら寝落ち。

2020年6月15日月曜日

2020年6月 第2週

6月8日
土曜日に外出して歩いた疲労が全く取れなくて身体がだるい。ずっと家にいた影響が着実に出ている。出社したとしても体力が持つのか心配。トレーニング必要なのかな…(白目)
愛の不時着をNETFLIXで見始めた。北朝鮮と韓国のロミオとジュリエット。ラブコメ要素だいぶ強いけど政治的てな展開があるのだろうか。1話1時間強という時間設定になっていて梨泰院クラスしかり強気だなと思う。カルチャーとしてドラマをしっかり楽しむというのがあるのだろうか。

6月9日
奥さんが出社日だったので駅で待ち合わせて自粛前によく行っていたもつ焼き屋へ。お酒、ご飯ともに美味しすぎて、やっぱり外食は心を豊かにすることを改めて実感した。が、久々に高濃度アルコールをグイグイいったせいで帰って即寝してしまった。

6月10日
図書館から取り寄せた本が届いた旨の連絡がきたので取りに行った。1960年代のアフリカ系アメリカンの公民権運動を描いたMARCHという全3巻の漫画。 1日で読了した。同じ血の日曜日事件からのセルマでの大行進に至るまでの過程を描いたSELMAという映画を昔見ていたので前知識はあったものの、やはり知らないことがたくさんあって勉強になった。何年もかけて権利を獲得してきた闘争の凄まじさ。暴力に対して非暴力で踏みとどまる胆力は見習いたい。この差別が第二次大戦後のことで、50年前でしかないことが怖い。心の差別ではなく構造的な差別であるということは繰り返し唱えられているところだけど本作を読めばよく分かると思う。単純に嫌悪する気持ちだけの問題ではないところがBlackLivesMatter の重要なポイントだろう。日本では馴染みがないかもしれないけど差別そのものは存在するし全く対岸の火事ではない。歴史がなんのために存在するかといえば同じ過ちを繰り返さないためのはずで、あらゆる人種による差別がない世界を希求する姿勢が大事。

6月11日
黙っていたら殺されるTシャツが届いた。ECDの「Three Wise Monkey」のジャケットを使ったTシャツ。実際に届いたらこれはどこに着て行こうか…悩んでしまう。でもこれ着て街に出れば声を出す人は増えるかもしれない。 

6月12日
昼休みに現像した写真を取りに行った。半分くらい焼け落ちてたけど無事に現像されているものもあった。圧倒的に1枚当たりの単価が高いのだけどもデータ納品してもらえるし不便さが楽しかったりするので今持っているフィルムがなくなるまでは撮ってみようかな。一番きれいな写真はこれ。


6月13日
雨がずっと降っていて天気が悪い。家でダラダラしていた。夜はポッドキャスト収録。なんやかんやトラブルが多くて、もうiMacが限界なのかという悲しい思い。2009年モデルなのでもう十分働いたと言えるだろうけど動いているあいだは使いたい。今回は久々3人収録で楽しかった。

6月14日
お昼に買い物がてら街へ。UNIQLOで感謝祭が開催されていて、2001年宇宙の旅のTシャツをゲット。Tシャツばかり増えていく。感謝祭に行くたびに潜入ルポのことを思い出して、店員の人たちの過酷労働に基づいて値段が安くなっているのかと思ってしまう。結局買うのだけども。自粛前までよく行っていた回転寿司が営業再開していたので並んだ。ソーシャルディスタンシングが徹底され寿司は回ってなくて都度注文するシステムになっていた。new normal. お腹いっぱいで帰って即寝してしまった。取り返すかのように黙々と読書。ここ最近はジュンパ・ラヒリばかり読んでいるのでインドとアメリカのことばかり考えている。BGMで聞いたPrinceのライブ盤がとてもかっこよくて感動…CD・DVDデラックス版がリリースされたらしく試聴できるストリーミング時代はマジ最高。Rainbow Chidlren好きにはたまらない内容だった。時間見つけて御大の音源digしたい。

2020年6月8日月曜日

2020年6月 第1週

6月1日
全くモチベーションが上がらない月曜日。ポッドキャストをリリースした。誹謗中傷と漫画の話をしているので興味のある方はよろしくお願いいたします。

恒例の梨泰院クラス。E12のトランスジェンダーの話がかなり好きだった。I’m the diamondという詩が引用されていて、それがMOMENT JOONのDiamondとシンクロ。というかMOMENTはここから引用しているのだろうか?ドラマ内の韓国のトランスジェンダーの扱いが露骨に厳しくて、果たして実態はどうなのかと思って軽く調べるとforbesの記事が。


ipsosの国際比較の調査も載っていて他の国よりも若干厳しい数値だったので実態はあんな感じなのだろうか。とはいえクイア・アイ的な展開になっていて、他人に自分のことを証明する必要ない!というのは本当にその通りだ。そして今週末からクイア・アイの新たなシーズンが始まるのも楽しみ。
 
6月2日
諸々ラジオを聞きつつ仕事。今日も全然アクセルかからない。会社は全フロアにアクリル板を導入することになったそうで出社Xデーが徐々に近づいている模様。もういいかという気持ちと満員電車はもう勘弁という気持ちが半々くらい。アメリカでは人種差別に抗議するデモが広がりを見せていて現地の様々な事情がTLにあふれていた。今日はSNS上、特にinstagram上でblack boxをポストするのが広がっいて悩んだけどポストはしなかった。当然だけど疑い持たれただけで警察に殺されてしまう世界はもう変えなきゃいけない。その中指の立て方は人それぞれで良いと思っている。

6月3日


朝からGUNNAのライブでテンションを上げていく。LAの豪華邸宅で撮影されている半生バンドのライブ。今回のアルバムは圧倒的に聞きやすくなってかなり愛聴している。ラッパーというより別の何か感が強烈でそれがかっこいい。Lil BabyよりもチャーミングなのでGUNNA派です。 (別にその二択に限らないけど)部屋の整理をしていたら出てきたフィルムの現像を昼休みに頼みに行った。1週間くらいかかるらしい。あと自分で作ったブックカバーをコンビニでプリントアウトして帰宅。めっちゃいい感じにできた。ポッドキャストでメッセージくれた方やハッシュタグで呟いてくれた方への特典にしようと思っている。Youtubeで見たコウケンテツのレシピによる唐揚げで晩ご飯。想像もしていないところに気を使うのが驚き。シンプルなレシピなのに美味しくなった。マジック。ソファでダラダラしてたらいつの間にかソファで寝落ちしていた。

6月4日
今週は全くモチベーションが上がらなくて大変です。何かしらを再生して仕事する習慣が長く続いていて音楽やラジオを探している。今日ニート東京経由で知ったラランドのラジオがかなりオモシロい。専用アプリでしかフルで聞けないのがダルいけど。その勢いで昼休みに見たYoutubeチャンネルのナンパスタイルダンジョンもめちゃくちゃオモシロかった。ZOOMの新たな使い道。  晩ご飯でチキンのクリーム煮を作った。ついに今日10万円の郵送申し込みの紙が届いた。結局まだ何に使うか決め切れておらず。ピュアオーディオとしてのCDプレイヤーもありかと思って色々探している。今こそCDなのでは説。しかし、導入の結果ますます断捨離が進まなくなる気もしている。

6月5日
朝ゴミ捨てた帰りにマンションの掲示板見たらBreaking BadのWalter Whiteの尋ね人の紙が貼られていた。ドラマ見ていたから分かったけど、見てない人からしたらホンマに探していると思うだろうな。ラヒリの「見知らぬ場所」読了。もう3冊目なのに毎回オモシロすぎて…どれも大抵アメリカに住むインドの人という設定から始まるのに読み進めると毎回違う世界に連れていかれるところが驚き。どの人も実在しているように思えてしょうがない。次は「その名にちなんで」という長編を読みます。

6月6日


朝、黒衣の新譜を聞いていた。1stアルバムから十年経って2ndをリリースするなんて誰が想像したでしょう。やり続けることの意味を感じたし満を持しての内容なのでアルバムもかっこいい。FUNKやSoulにルーツを感じるトラックに2MCというオーソドックススタイルなのが新鮮だしスクラッチのネタが日本語ラップなのも好きなところ。Represent HIPHOP, not rap. 色んな人に聞いてほしい。午後から目黒徘徊&ディナー。庭園美術館で30年代のアールデコを見た。古くて、新しい、和風のような洋風という不思議な感覚だった。入場時に体温を測定されたけど、これがデフォルトとなる社会なのか。夜は良きイタリアンで外食してQOL上がった。定期的にこういう機会があると良いし当たり前の外出が特別に思えた。

6月7日

NETFLIXで13thを見た。今のBlackLivesMatter(BLM)問題が単純な差別感情に限るものではなく構造的に差別が生まれるようになっていることがよく分かるドキュメンタリーで勉強になった。Youtubeに期間限定で無料公開(日本語字幕付き!)されているのでBLMのことを知りたい人にはオススメ。
昼、図書館へ行ってみるものの閲覧はやってなくてウェブで予約した人が引き取りできるだけだった。残念だったけどiPhoneからweb予約。区全体の在架状況をwebで知れるのがすごい。買い物を終えてスパイスカレーを食べて帰った。お腹いっぱいで死にそうになりゴロゴロしながら「文化系のためのHIPHOP入門3」読了。ずっと積んでいたけどBLMについて詳しくて書いてあってかなり分かりやすいので背景を知りたい人は読んでみるといいと思う。2015-2018のHIPHOPはトラップの登場という、ほぼ革命といっても過言ではない事態が発生していて生き証人になった気はしている。Queer Eyeの新シーズンが始まっていたので1つ見て寝た。

2020年6月1日月曜日

2020年5月 第4週

5月25日
ポッドキャストでも話したとおりRSSを整理整頓した。とりあえず全部既読にしたのち、死んでいるのは削除。読まないフィードも削除。あとは Pocketのリストなんだけどマジでとんでもない量なのでルール決めて粛々と処理するしかない。
KGE THE Shadowmenがアルバム出すらしく、僕が日本語ラップで一番好きなフリースタイルがYoutubeにないか探したらすぐ出てきた。このときのBESも超かっこいい。その流れでYoutubeのレコメンドが進めてきたNORIKIYO EXITの頃のライブ。かっこよすぎて死んだ…Shizoo!梨泰院クラスをNETFLIXで見始めた。とても歪なドラマで、いわゆる韓国のラブコメドラマシリーズと韓国映画のシリアスモードの合いの子となっている。何が起こるのか全く想像がつかないという、新たな駆動力でドラマを牽引していくところが新しいと思う。登場人物のキャラクターの描き分けが素晴らしく、あと梨泰院の街がしっかりロケで紹介されていて日本も渋谷でロケさせて、もっと広めていけばいいのになーと思っている。ワイルドスピード3、ロスト・イン・トランスレーションのイメージをアップデートするような映画を求む。
 
5月26日
5億年ぶりの外食。近所の町中華。この町に越して丸2年が経ち、一番来ているお店。お昼時なので密密密。チャーシューメン、奥さんは炒飯。全部美味しくて外食はやはり最高…
嫌いな人から電話かかってきて、些細なことを「わざわざ間違っていますよ?」と伝えられるのマジできつい。普通にぞんざいな態度を取ってしまった。テレワークだと電話に出ないという選択肢が用意されてないの大変。1秒も話したくないから全部メールにしてくれ。夜、梨泰院クラス。これはビンジ案件…

5月27日
ゴミ袋に感謝の文字が。実際に見ると当たり前だけど悪い気持ちにはならない。奥さん会社に出社日なので音楽を爆音で再生して気持ちよい。Leven Cali がかなりご機嫌で良い。基本に忠実なメロウファンクという感じで好き。こういうのはずっと聞ける。さらに橋本徹のSuburbia Radio 4月分を聴きながら新譜の抜け漏れチェック。全然知らんのいっぱいで毎回助かる。この人の一次情報は一体何なのだろうか。
Ankerの充電器が届いた。デスクにおけるiPhone置き場に困っていたのでよい感じ。奥さんが10万の給付金を見越してコーヒーグラインダーを買ったのが届いていた。ちなみに世帯主である私がマイナンバーカードを持っていないため給付申請は郵送せねばならず、まだ申請用紙は届いていません。申請用紙を各自治体が独自フォーマットで作成しているという話を聞いて、なぜそんなことをしているのか理解に苦しむ。まだ使い道は決めていない。

5月28日
神様の住所、読了。短歌が好きになった。歌集のハードルを下げてくれたので他にも読んでみようかな。仕事中は昨日集めた新譜をBGMに黙々と仕事していた。Paul Bryanのソロアルバムがかなり好きだった。エレピは荒んだ心が癒される。ソロワークは17年ぶりらしく、こないだ出たアルバムも最高だったJeff ParkerがProduceに参加。(Paul BryanもJeff Parkerのアルバムに参加している)ジャズを家のスピーカーで爆音で聞くのが最近のトレンドです。

5月29日
今日聞いたPantayoがかなり好きだった。カナダにいるフィリピン人の女性グループでクリンタンというフィリピン南部の伝統的な楽器とモダンなR&Bの素敵なマリアージュ。打楽器のみでメロディも作っていくところがかっこよい。最近のSolange作品が好きな人は絶対にfitすると思うし家でchillしたいときにもおすすめ。夜、友人に勧めてもらった「おかしな本棚」を読了。本や読書に対する価値観がアップデートされる感覚でかなりオモシロかった。

5月30日
緊急事態宣言が解除されて初めての週末。リハビリ的に蒲田まで出かける。商業施設が軒並みオープンしていて便利さを享受していたのだなと改めて思う。とくに本屋でクルージング、何も買わなかったけど色んな本が並んでいるのを見るのが楽しかった。本棚マジック。
ミネアポリスのアフリカ系アメリカ人殺害から始まった暴動が激化している。何度でも繰り返される人種差別にまつわる悪夢。HIPHOPが好きな人にとっては全く他人事ではない。これまでも痛ましい事件が何度も繰り返されているにも関わらず何度も同じことが起こってしまうのはなぜなんだろうか。人は相対的に何かを見ることから離れられない生き物なんだなと思う。
Youtubeの情熱大陸で魯珈の店主が紹介していたレシピでカレー作った。玉ねぎを炒めるときに塩を入れて水を出しやすくすることで短時間で茶色くできることを知った。クミン+レトルトカレーでめちゃくちゃ美味しくできるのでおすすめ。恒例の梨泰院クラスして就寝。

5月31日
昨日のリハビリをへてさらに遠くへ、ということで自由が丘へ行った。コーヒー豆、パンなどを購入。昼食はメキシコ料理屋でタコス2P。全然お客さんがいなかった。個人的には前から欲しかったDultonのソープホルダーを買えたことが収穫。石鹸派なのだけどもプラスチックや金属のホルダーだと水垢で汚れてしまうけど、これはマグネットで空中に浮かせるというウルトラCの発想。
スーパーに寄って家に帰っていたところ、家の前の道路のど真ん中で猫が死んでいた。もともと猫が多いエリアで車に轢かれそうになっているところを見かけたことはあるものの実際にそうやって死んでしまっているところに遭遇するのは初めてだった。一旦家に戻ってどうするか調べてみると区の業者に電話することになっていたので電話したものの日曜日は休みで誰も出ず。#9910 という道路緊急ダイヤルに電話しているあいだに通りかかった人が猫を道の端に移動させていた。その旨を伝えると、あとはさっき電話した区の人に対応してもらうしかない模様。その間に奥さんがダンボールとタオルを持って猫の元へ行きそこに移していた。とりあえず明日電話することにした。亡くなった命に直面する場面がこれまで無かったので動揺してしまったけど奥さんや通りすがりの人たちは真摯に向き合っていて自分は悪い意味で無力だなと思った。
夜、ポッドキャスト収録。重めの話題だったけども話すしかないので話した。誹謗中傷にまつわるエトセトラは話せた気がする。最後に教えてもらったAwichのWHORU? が心に響いた。売られてない喧嘩も買う〜

2020年5月25日月曜日

2020年5月 第3週

5月18日
仕事に対するモチベーション0%のまま始まる1週間。もともとやる気ないのに休み明けはエンジンかかるまでめっちゃ時間かかる。結局、検察庁改正法案は今国会での成立が断念された。これまで何回も強行採決されてきたけど初めて世論を気にして断念したところを見た。最初からそうしとけやというか、あきらめるんじゃなくて理解が得られるような説明してくれやと思う。昼休みに「停電の夜に」を読了。ラヒリのデビュー作で個人的には2冊目。短編だと「続き読みたい」となる具合でオモシロかった。夜、今日Amazonから届いたイーユン・リーの最新作を読み始めたら2、3ページ捲っただけで「これは…」という仕上がりっぷりで真剣に読まないといけない気がしている。

5月19日
仕事しながら小袋成彬、野村訓市と立て続けに聞く。この2つを聞くと新譜と旧譜がいい感じのバランスで楽しめる。野村訓市のラジオで紹介されていたOnce upon a time in AmericaをPrime videoで見始めた。3時間50分。ドラマのように切りのいいところで少しずつカットしながら見進めようと思う。

5月20日
午後休みとって映画鑑賞。恋恋風塵をPrime videoで見た。これが家で手軽に見れるだなんて良い時代。話自体は大人の階段を登る切ないラブストーリー。とてもシンプルな話だけど、とにかくめっちゃ絵が綺麗。あのロングショットはテクノロジーの発展で鮮やかには撮れるかもしれない。でもあの色味と質感はやはりフィルムならではの美しさだと思う。素人でも分かる。台湾映画の艶っぽさは独特で好きだ、ノスタルジーがとても刺激される。あとはジミー・O・ヤン:人生はお買い得も見た。ドラマのシリコン・バレーで謎の中国人役でブレイクした俳優のスタンダップコメディ。アジア人ジョークてんこ盛りでめちゃくちゃオモシロかった。 ちょうど読んでいるイーユン・リーのABCの話とシンクロ。やっぱり英語を勉強せねばという思いを新たに。
夕食はテイクアウトで天丼を食べた。黒川検事への賭け麻雀スクープ。まさかのオチでびっくりした。これで辞めることになるだろうけど、そんな隙だらけな行動を取ってしまうほど権力は人を鈍らせてしまうのかと怖くなった。余人をもって変えがたいという閣議決定をどうするのかが見もの。

5月21日
緊急事態宣言が関西圏で解除されるそうでTVはいろめきだっている。午後は ciscoのwebexで会議。こんだけ色々会議システムを会社で抱えているのマジ無駄なコストだなと思うけど、どうなんだろうか。夜、イーユン・リー「理由のない場所」読了。本当にハンパなさ過ぎて…一生において大事な1冊となった。

5月22日
近所の駅にバーガーキングができたので初めて訪問。よく考えてみると日本で食べたことなかったけど美味しかった。(ヨーロッパへの卒業旅行でドバイの乗り継ぎで食べて以来だった。)ご飯食べてから謎に体調が悪くなり熱はかったけど平熱。しばらく横になっていたら回復。関西で緊急事態宣言が解除されたので両親が祖母のもとを訪れたらしくビデオ電話をした。僕も父もヒゲを生やしていて2人とも生やした顔を互いに見たことがなかったので顔見て笑ってしまった。

5月23日
午後にポッドキャスト収録。無線LAN変えてから初めての収録で色々トラブった…反省。そのあと、テラスハウスの出演者である木村花が亡くなったニュースを知り驚いた。ヘイトが本人に対して炸裂しまった結果の自殺のようで、うーむ…という気持ち。なんでこんなことになってしまうのか…共同生活してる上で言ってしまえば「どこでもありそうなトラブル」について、自分はこう思うとか、あの人の行動は良い/悪い、と言えるところがオモシロかったと思う。ただそれはディベートの議題のようなもので、あくまで外様に限っての話であり、外様が本人に直接己のジャスティスを炸裂させてしまう、さらに一歩進んでヘイトをぶちまけてしまうという事態が今回顕在化したこと。とはいえ「ポッドキャストでだべったことは片棒担いでんじゃねーの?」と胸倉つかまれて言われたら「申し訳ないです…」としか言いようがないので複雑な気持ちになる。ただ鬼の首を狩ったかのごとくテラスハウスひいてはリアリティーショー全体まで批判が及んでいてうーんという気持ち。少なくとも日本ではワイドショーで延々と芸能人のスキャンダルをやってる訳で、その辺を全部すっ飛ばして「リアリティーショーよくない!」と正義感を発揮されても、という思いにはなった。そもそもなんでこんなことになるのかっていえばSNSが示すフォロワーやいいねの数が価値を持つ社会となっている自体が元凶なのでは?という議論までリーチする気もする。とここまで書いたところで、すべてが時すでに遅しなんだと思うと虚しい。

5月24日
久しぶりにスタバへ行きコーヒーフラペチーノを飲んだ。普段はコーヒーしか注文しないんだけど暑かったのと甘い飲み物を飲みたい欲が抑えられず。お昼ご飯には最近お気に入りのお店でキューバサンドを。前まで横浜にあるお店しか食べられるところ知らなかった。近くにあることを知ってヘビロテしている。午後は収録したポッドキャストを編集したりYoutube見たりしてだらだらしていた。ポッドキャストの更新も終えた。
切れ切れで見ていたOnce upon a time in Americaを見終えた。合計4時間弱。めちゃくちゃオモシロかった…ギャング映画の個人的好みにおいて、かなり上位に食い込んできた。今の基準に合わせるとクズい描写もかなり多いものの(特に女性の扱い)これぞギャングの友情物語という仕上がり。ロバート・デニーロはギャング映画の申し子なんだなと改めて感じた。グッドフェローズでの鉄砲玉も好きだし今回のようにしっとりした演技も最高最高。ほとんど同じような話なのにアイリッシュマンが全然刺さらなかったのだけど今見たら、もっと好きになれるのだろうか。

2020年5月18日月曜日

2020年5月 第2週

noteのアカウントを作ったりしたのだけど、久々に戻ってきたら5億年ぶりくらいにUIのアップデートがあったので、再びBloggerに降臨。やっぱりSNSでは物足りない。

5月11日
もう何ヶ月も日記を書いていないのだけどリハビリも兼ねて少しずつ綴っていきたい。
テレワークライフももう慣れたものでディスプレイとオフィスチェアを導入してからは何の問題もなく仕事自体はできている。ただ少し聞いたりとか雑談できないのが何となく不便な感じ。テレワークに関する諸々はPodcastで話しているのでチェックしてみてください。少しは参考になるかも。もう自粛生活は終わりそうだけど。
昼休みに友達にオススメされたアドルフに告ぐを読み終えた。ナチスとユダヤの関係に日本を混ぜ込んだ手塚治虫の作品でめちゃくちゃオモシロかった。
今の漫画だと絶対に出てこない振り切った表現があるので、読んでいるとビックリするところもある。今までナチスとユダヤを題材にした映画、小説をしこたま読んだり見たりしてるけど、どこか遠い出来事に感じていた。でも本著のように日本を舞台に絡めることで、これだけ身近に感じるようになるのは新しい感覚だった。Kindleだと5冊で1500円という良心的な値段設定なのでオススメ。でも国会図書館が発行している箱入りの22000円のやつ、めっちゃかっこいいからいつか紙で欲しい。あと最近は中村文則の新作を読んでいる。そしてジュンパ・ラヒリブームが到来。「低地」がとにかく圧倒的にオモシロくてここ何年かでベスト級だったのでメルカリで過去作を収集している。

  

  野村訓市のラジオ番組で聞いたI feel for you(Acoustic demo)/Princeがあまりにも衝撃だった。もとはChaka KhanにPrinceが提供した曲だけど、その前に録音されたとされるdemo。Rawな感じがたまらない…当時20歳でこんなに歌ってアコギ弾けるのは天才としか言いようがない。ラジオでも言ってたけど、この自粛期間にディスコグラフィが膨大なアーティストについてDIGするのも楽しいかもしれない。
 明日のPodcast収録用に検察定年延長関連の諸々をネットで見て、おえーという気持ちになる。経緯が複雑なので色々聞いたり見たりしないと全体像をつかむのは難しいなと思う。とくにTwitterはケイオス。「問題ない」と言う人たちは過去の経緯を全部すっ飛ばして法律を斜め読みしているからタチ悪い。寝る前にインスタライブでpekoくんのDJを見ていた。リリック繋ぎとか時勢とか意味ありまくりな繋ぎで最高だった。ラスト、久々に聞いたあるまのハワイの曲が沁みた。そしてNORIKIYOの新曲を聞いて、こういうときは頼もしいなと思えた。この日同じくアップロードされた般若の曲も久々に好きな感じで世の中がクソなとき、それを代弁するのはラッパーなんだと思う。


5月12日
午後Zoomでwebinar。とても快適だった。初めてZoom使ったけど他のサービスに比べて音声クリアで遅延も少ないように思う。(そもそもの回線の問題もあるが)
ご飯を食べてからテラスハウスの最新回を見た。もうストックないかと思いきや、まだ少し残っているようで今週から何週か続いていく模様。だいぶcreepyだった…
夜、Podcast収録。床屋の政治談議の域を出ないとしても話すことに意味がある気はしている。このレベルで政治のことを日常で話せる環境が必要だなと思う。それはSNSではなく。今回はリビングで録音したのでコモらない音になった。ボーカル処理道は奥が深い。

5月13日
ネットで肩こり解消の動画が紹介されているのを見て、やってみたらだいぶ楽になった。毎日続けることが大事っぽいので続けたい。テレワーク当初していたランニングもマスク必須になったから全くやる気にならない。
今日聞いたemi eharaの新しいアルバムがどストライクで、いい感じに風が吹いている夕方に家で聞くのが最&高だった。ちなみにアルバムタイトルは「&」の英語での呼び名。声はポップスなんだけど音、特にリズム隊はブラックミュージックど真ん中のノリ。このぐらいシンプルなのが今はいい。それにしてもカクバリズムはタレント豊富。これはレコードでしょ!と勢いで発注した。
Podcastをアップロード。シンプルな違和感を表明しています。政治なんて!という人はスキップして焼きそばの話を聞いてください。 Apple podcast / Spotify
奥さんが仕事の帰りに買ってきてくれたハンバーグ、しゅうまいで外食気分を味わった。

5月14日
お昼にマクドナルドをモバイルオーダーして、気分転換がてら取りに行ってみるとUBER EatsとTake out勢で密密密。チキンタツタ効果なのか。時流に乗ることなくBLTを食べた。
お昼に思い出して、応募していたNintendo Switchの抽選を見たけど外れてた。
MUROのStevie Wonder mixが超ダンサブルで好きだった。マッカチンも言っていたけど30分は短いんで1時間にして欲しい。仕事終わってから中村文則「逃亡者」を読了。またネクストステージといった趣で好き嫌いはパックリ分かれそう。新聞連載なので無駄に長くなっている気もする。夜、Youtube徘徊してたらテラスハウス地獄の三本立てでお腹いっぱいになった。スタッフがニヤニヤしまくってアップロードしている姿が見える。「10万まだかよ?」と詰めていく姿勢がたくましいなと思いつつ、カイは今回の特別給付金ぜんぶ取られ流と思うと不憫。お口直しにハナコの Youtube見て笑って浄化してから就寝。

5月15日
なんだかんだ1週間過ぎるのが光速。午前中、YoutubeでPrinceのライブストリーミングやっててそれ見ながら作業。もろにVHSっぽい動画をYoutubeで見るの不思議な感覚だった。2冊目のジュンパ・ラヒリが到着。メルカリで買ったんだけどメッセージ付きの過剰包装で戸惑う。見ず知らずの人への販売品にコメントとトリートメント付けるのはどういう気持ちなのか。今日は東京9人でコロナも収束ムード。会社の人との連絡の中でも出社したいという話が散見されるようになった。来週解除されたとしてどのように日常へ戻っていくのだろう。もう二度と早く起きれない気がしている。
夜はiTunesの整理。日本語ラップのジャンルとBPMを整える。新譜チェッカーではあるものの自身のHDDについてこれを機会に改めて見直すのもありなのではと思い色々やっている。MixtapeやBoot Remix 全盛時代の申し子なので管理がグチャグチャでさらにmixもあったりでケイオス。少しずつ綺麗にしたい。

5月16日
  今日を終えれば週末。感染者数がかなり減ってにわかに終了ムードが漂っている。さすがにもう自粛生活はお腹いっぱいかなと思うけど、家にいることが肯定されるインドア派にとっては天国のような状況なので終わるとなるとそれはそれで寂しい。検察庁法改正案の国会審議見ようかと思ったけど、どうせむかつきまくるだけなのでスルー。今日は可決が見送られた。本当に舐められてるんだなと痛感する。無音で読書してたら隣の家から、一本締めの声が聞こえた。闇宴会。

5月17日
   天気が悪い上に寒かったのでどこにも出かけることはなかった。HDDの整理が完了したので今度はDJで使いたいやつだけポータブルHDDへ移行。一気に移行しようとすると落ちてしまうので分割しつつ粛々と行った。合間に本を読みながら。あと凪のお暇のドラマを見た。今週来週で再放送してくれる模様。漫画は読んだのだけど映像になると妙にナマナマしい。とくに冒頭の会社の描写が秀逸だった。
夜にHDD移行が完了して、ようしDJしよーと思ったらscratch live のソフトがSL2を認識しなくなっており立往生。調べてみるとserato DJ Proというソフトに変わったらしくインストールしてファームウェア入れたら認識した!というかUI がかなりモダンになっていて新鮮やなーと思いつつ、勢いで配信しつつ録音しつつDJしてみた。日本語ラップオンリー。昔、友達とUstreamやってた頃を思い出した。そのときよりめっちゃ簡単にできるようになっていて隔世の感。久々にDJすると超楽しい。自分の好きな音楽だけだから当たり前なんだけど。そのあとも色々いじってたら遅い時間に。(キー変えずにテンポ上がる機能にめっちゃ感動した…)タイミングよく後輩もミックスをアップロードしてて聞いてたら懐かしすぎてハゲるかと思いながらビール飲んで日記を書いている。

5月18日
  今日は快晴。ハンバーガーをテイクアウトで買いに行ったら1時間待ちといわれて商店街をぶらぶら。自粛のモードは完全に終了している雰囲気。それは自分も含めて。ステーキバーガーなるものを初めて食べた。かなり美味しかったので定期的に利用したいな。次は事前にちゃんと電話しよう。
  帰ってきたらYellow Dragon BandのCDが届いてた。ストリーミングで聞いてたけどお布施の意味も込めてCDで。というかダウンロード購入がiTunes storeくらいしか選択肢ないのはちょっとなーBandcampで320kbpsでダウンロードできるのが売り手も買い手も幸せになるのでは?もともと知っているMCが集団化することで魅力が増す好例。クレジットも見れて好きだった曲がいずれもmoneyjahのトラックだった。そのうち1曲はMVにもなっている「三連服」もう1曲は「Mellow Yellow」DJできるようにしたので小1時間盛り上がってやってしまった…久々にDJすると楽しい(昨日ぶり二回目)何らかミックス作りたいな。という気持ち。

2020年2月28日金曜日

2020年2月 第3週

世の中はコロナウイルス真っ只中で、
様々な情報が飛び交うのは311のようで、
とても殺伐としている雰囲気を
インターネットを見ていると感じる。
騒ぎ過ぎるのも良くないかもだけど、
過度に自重するのもどうなのか?と思う日々の中、
事なかれ主義で具体的な事象から関心を逸らして、
心の平穏を保つ時代は
もう終わりにしないといけないなとも同時に思う。
これまで我々主権者が許してきた隠蔽体質が
土壇場でこれでもかと悪い方向に作用しているのは、
もはや天罰としか思えない。
選挙行ってへんやつ、まじで次は行ってくれ。
これをきっかけにテレワークとか
時差出勤とか当たり前になって、
誰も干渉してこない豊かなサラリーマンライフになることを
祈っているうちは一生幸せになれない。

音楽
新譜をひたすらに毎日追いかけている。
誰にも追われていないのに。
新しい音楽を聞きまくった先にあるものとは?と思うものの、
音楽聞いててブチ上がるのはやはり新譜。
聞いたことのない新鮮な音を聞いたときの興奮があるから、
音楽を聞いているのだともう。
この辺の自意識は常に問いながら、
何を聞くのか考えたいものです。
旧譜というか去年リリースの愛聴盤
NF ZESSHO / Bad Vibes Only(以下BVO)の
レビューがSublyricsにアップロードされており、
謎だったアニメのサンプリングソースが
ボージャック・ホースマンということを知り驚く。
BVOでは吹き替えのセリフが引用されていて気付かなかった。
好きなもの同士がクロスオーバーしているだなんて!!
この2つが好きってことは自分がかなり鬱屈しているなという
他者からすれば当たり前かもしれないことを改めて認識する。

Moses Sumney / græ

何度も聞いているのだけど、

どう形容していいのか難しい音楽。
Bon Iverとかが近いのか?とにかくかっこいい。
ガーナ系移民でカリフォルニアベースの28歳。
何かが壊れるギリギリ手前にあるような気持ちになる。
FKJが参加している2曲がメロウネスを感じるので特に好きだった。
今回ストリーミングで解放されたのはdisc1で
5月にdisc2が加わるそうでこれから楽しみ。

Forever / Close To The Flame


インディロックっぽいボーカルとメロディなのに、
キックとスネアがダンスミュージックのそれ、
つまり太いサウンドが最近好きで、
その好みにドンピシャで刺さったEP
Clairoが好きな人には刺さる気がする。
カナダはモントリオール出身の女性シンガー
アンニュイな声色とトラックの相性がぴったりで
何回も聞いていた。

Moses Boyd / Dark Matter 


同じ月に二人目のMoses。こちらはUKのジャズドラマー
今やUKジャズは1つのメッカと化している中で
その代表格として活躍しているプロデューサーでもある。
80%作り込み、20%即興らしく、
その中でダンスミュージックとジャズの混ぜ方の塩梅が絶妙。
個人的には叩きまくりなOnly You という曲がfavorite
インストの音楽だけど政治性を含んだジャケもお国柄を感じるし、
UKもハードなんだなと思いを馳せる。


フライデー・ブラック
フライデー・ブラック
posted with amazlet at 20.02.28
ナナ・クワメ・アジェイ=ブレニヤー
駒草出版
売り上げランキング: 12,822



2010s
2010s
posted with amazlet at 20.02.28
宇野維正 田中宗一郎
新潮社
売り上げランキング: 886


フライデー・ブラックがめちゃくちゃオモシロかった。
今の時代は集中力がもたないから短編集が相性いいのかもしれない。
そして著者の片割れが嫌いだと思いつつ読んでみると
意外に…な感じだった2010sも知らないことが多く、
楽しめたのでカルチャー好きにはオススメ。

映画、ドラマ
見に行きたい映画はあるものの、全然行けてねーですね。
とりあえずミッドソマーみたい。(昨日見た)
NETFLIXでナルコス メキシコ編のS2が始まったので見ている。



前作がマリファナビジネスの栄枯盛衰からの、
コロンビア産コカインビジネスのスタートだった訳だけど、
今回はDEAの復讐とメキシコにおける
コカインビジネスの2本立てで描かれている。
前シーズンが1年以上前なので記憶が朧気だったけど、
徐々に戻ってきて今E8まで見た。
銃撃戦がドラマと思えないくらいにリッチなところが最&高だし、
女性主権のテーマを物語に無理なく
ぶち込んできているところも気が利いていて良い。
敵味方関係なくコカインに翻弄される人生
というテーマが匂いたつE7が今のところベスト。
昔、先輩に借りて読んだメキシコ麻薬戦争を
サブテキストとして手元に置いておきたくなる。
あと2話どうなるのか、後で書き足す予定。