2017年10月15日日曜日

ホームシック 生活 (2〜3人分)

ホームシック: 生活(2~3人分) (ちくま文庫)

ECDが癌を患い闘病している中、
過去のエッセイ集が文庫で
リリースされたので読みました。
近年はECDの奥さんの植本さんの著作から
彼の生活を見てきた訳ですが、
本作は植本さんと結婚、
1人目の娘を出産するまでをECDが書いています。
以前に読んだ半自伝的小説でも感じた、
淡々とした独特のリズムの文章と
日常を語るエッセイのバランスが素晴らし過ぎました。
劇場型とまでは言いませんが、
植本さんは感情で生きている印象を
本を読んでいる限りでは受けるのですが、
ECDはそれを達観しているような視点がオモシロかったです。
確かに年齢が上だから、
ということが理由の1つなのかもしれないけれど、
それだけじゃない2人のコンビネーションが
2人の著作を読むことで立体的に浮き彫りになる。
しかも2人ともすべて明け透けに語っているだなんて、
こんな夫婦はそうそういないでしょう。
この2人を見ていて感じるのは
必ずしも夫婦が似た者同士である必要はないということ。
お互いが他人であるということを理解して
初めて生活が回っていくのかもしれないなーと。
(結婚もしてないテメーが語んなという意見は
胸にそっとしまってください、今すぐに。)
あいまに挟まれている植本さんの写真も
生活の瞬間が切り取られていて、
エッセイを補完する材料として見事に機能していました。
僕が一番好きなのは「一日」という話。
ここ数年、一番オモシロいのは日記という
持論をことあるごとに感じるのですが、
それを体現するかのようなエッセイ。
ただただ起こったことの記録でしかないんだけど、
静謐で無駄のない文章が醸し出す、
生活することの豊かさがたまりませんでした。
とか思ってたら友人のレビューでも
「一日」が引用されていて
シンクロニシティ感じました→リンク
ECDの著作の最新作も合わせて早く読みます。

ブレードランナー ディレクターズカット



ついに今月ブレードランナーの続編が、
ゴズリング主演、ヴィルヌーヴ監督の
最強布陣と共にお届けされる訳ですが、
その前の予習ということで見ました。
しかも、丸の内ピカデリーで爆音上映が始まっており、
そのラインナップの1つ。
随分前に1度見ただけだったので全く忘れてて、
爆音とピカデリー3の巨大スクリーンのおかげで、
映画体験が更新されました。
オープニングの街の光景と音楽だけで
いわゆるご飯3杯食べれる系の素晴らしい密度。
1983年公開なので35年前の作品なんですが、
全く古びない恐ろしいほどの鮮度を保っている
ヴィジュアルの数々は眼福としが言いようがない。
ぶっちぎりに凄いものってこんな感じで
永遠に残り続けるのか?という畏怖の念を抱きました。
未だに人々を魅了し続けるのは映像の力が
最も強いんだろうなと思いますし、
セリフによる説明がかなり排除されていて、
こちらが想像する余白が残っていて、
それが楽しいなーと思いながら見てました。
爆音で見て良かったのは、
女性レプリカントがデッカードに殺されるシーン。
レプリカントは異形の有機物なんだということを
思い出させるのに十分な断末魔でした。
ちなみにユニコーンの折り紙はいつでも殺せるぜ
というメッセージだと受け取った派です。

2017年10月14日土曜日

世にも奇妙なマラソン大会

世にも奇妙なマラソン大会 (集英社文庫)

こちらもブックオフでサルベージ。
(特大ボリュームの謎の独立国家ソマリランドが
ついに文庫化されたとの報を聞き、それも早く読みたい!)
マラソン素人の高野さんが
アフリカの砂漠でのマラソン大会に
参加する過程を描いた作品です。
もはや、このレベルの話を聞いても
「へーそうなんだー」となり、
そこまで驚かなくなっている自分に驚きつつ、
毎度のことながらオモシロかったです。
初めてのことに何の抵抗もなく、
とりあえず突っ込んでいて乗り切っていく姿は人間力の塊。
舞台となる西サハラも行くまではよく知らないし、
マラソンも今まで走ったことがない。
多くの読者と同じフラットな目線から突入して、
そこで起こっている事態を理解していく、
究極の体感型ドキュメンタリーだなぁと感じました。
しかも、単純なレポートに陥ることなく、
その国の背景を解説してくれるからとても勉強になります。
本作では西サハラという難民キャンプエリアと
モロッコの関係を図らずも知ることができました。
(イスラエルとパレスチナ的な関係ね)
スポーツとナショナリズムの結びつきが
あまり好きになれないんですけど、
本作のエンディングで悪くないかも?と少し思いました。
あとマラソン大会以外に入っている短編群もかなり好きでした。
とくに「ブルガリアの岩と薔薇」がオモシロくて、
ブルガリアで親切なおじさんに付いていったら、
その人がバイセクシャルでひたすら言い寄られるのを
逃げ切るというハラハラする話。
おじさんにちやほやされる中で
高野さんが女性の気持ちを良い意味でも悪い意味でも
悟るところが最高でした。
膨大な量の著作があるので、
少しずつ読み進めていきたいです。

映画にまつわるxについて2

映画にまつわるXについて2

1作目は持っているですが、2作目が出たことを全く知らず
ブックオフでたまたま見かけてサルベージ。
西川監督の映画はもちろん大好きなんですが、
エッセイもかなり好きなので楽しみにしていました。
昨年公開の永い言い訳の製作記録といった内容で、
僕は映画も本もとても好きだったので
その舞台裏を知ることができてオモシロかったです。
永い言い訳は西川監督にとって、
これまでの定石を捨てた作品とのことで、
小説→映画という手法、スタッフの入れ替え、
主演の 本木雅之との向き合い方など、
荒波に乗り出す過程で苦労したことや
それによって得たことが書かれていました。
分かりやすくぶっ飛ばされるのは
本木雅之という男の存在ですね。
俳優としての確固たる地位を持つ、
しゅっとした大人の俳優というイメージを持っている人が
世間の大半だと思いますが、
実は過剰な自意識の塊に苛まれてる系男子。
出演交渉、打ち合わせの度に送られてくる
彼のメールの文面が掲載されているんですが、
あまりにエキセントリック過ぎてドキドキしました。
本当にこのメールを打っているのが、あの本木雅弘だなんて!
立ち読みでここだけでも読んでほしい、たぶん震えるから。
映画の製作記録は映画が好きな人にとっても
もちろんオモシロくて
何ごとも真剣に向き合って妥協せずに
生きていくことが大切だとよく分かる。
んなもん、自己啓発と同じやんけと言われればそれまでですが、
ゴリ押しではなく自分の好きなもの=映画を通すから
響くものもあるってもんですよ。
あと一瞬の切り取り方、世間の見方が本当に抜群で、
パンチラインに付箋つけてたら付箋だらけになってしまった。。
最後には映画評や書評がついていて、
そこでイ・チャンドンの小説について書かれていて
一刻も早く読みたいところです。
それよりも何よりも永い言い訳をもう1度見たい。

2017年10月13日金曜日

文学会議

文学会議 (新潮クレスト・ブックス)

海外文学を積極的に読むモードの中で、
以前に友人から薦められたことを思い出し読みました。
信頼と実績の新潮クレストブックスなので、
当然オモシロかったんですが
南米文学という新たな扉を開いたなぁ
という読書体験が楽しかったです。
2つの話が収録されていて、
1つはタイトル作の「文学会議」、
2つ目は「試練」という作品。
文学会議は文学兼科学博士が主人公。
冗談ではなく世界征服を目的として
クローンを生み出すマッドサイエンティストを自称している。
彼はベネズエラで開催される文学会議に参加し、
その参加者の細胞を採取してクローンを作る。
しかも、その対象者はなんと小説家で、
サイエンティストの思考過程と
文学会議で彼が過ごす様子が並行して描かれる構成になっています。
思考過程は半分哲学のようなもので、
延々と語り倒している内容自体が興味深かったです。
主人公も小説家なのでメタ的な部分が多々ありました。
一方で文学会議自体は作中内で言及されている通り、
常人の想像がおよばない方向へ物語が向かっていく、
そのスリリングさとくだらなさのバランスが好きでした。
人の細胞かと思ったら、衣服(絹)の細胞を
クローン化してしまって巨大蚕が街を襲うっていう。。。
モスラかよ!というツッコミしたくなった。
また、あとがきを読むと南米文学に置ける作者自身の
立ち位置にまでリーチしていると知り、
この内容でそんな奥深いことが?!と勉強にもなりました。
なんといっても僕が好きだったのは2つめの「試練」
ふくよかな女の子とパンクス女子2人が街で出会って、
スーパーへ強盗へ行くという話。ガールミーツガールもの。
前半は乙女とパンクスの相互理解のための
会話が延々と続くんですが、
理論と感覚がぶつかり合うガールズトークが
超オモシロかったです(デス・プルーフ的)
この部分を読んでいるときに、
なかなか理解が進まない場面が多く、
これが南米文学のノリなのか。。。と痛感しました。
(他の作品を読んでみないと分からないけど何となく)
タイトルの試練と愛の関係を含めた
前半のじゃれ合いのディベートを終えてからの
終盤の強盗におけるハードなバイオレンス=試練。
このギャップにやられちゃいました。
単純に内容がハードコアなだけではなく、
初期北野映画の生死との距離感を
想起させるドライな暴力表現。
すでに「ある日、突然。」
というタイトルで映画化されているようで
これだけ読み手にビジュアライズさせる内容を
どんな感じで映像化しているのか見てみたいです。

2017年10月11日水曜日

ドリーム


<あらすじ>
ソ連とアメリカの宇宙開発競争が
繰り広げられていた61年、
米バージニア州ハンプトンにある
NASAのラングレー研究所に、
ロケットの打ち上げに必要不可欠な計算を行う
黒人女性グループがいた。
なかでも天才的な数学の才能をもつキャサリンは、
宇宙特別研究本部の計算係に抜てきされるが、
白人男性ばかりのオフィス環境は、
キャサリンにとって決して心地よいものではなかった。
一方、ドロシーとメアリーもそれぞれ、
黒人であるというだけで理不尽な境遇に立たされるが、
それでも3人はひたむきに夢を追い続け、
やがてNASAの歴史的な偉業に携わることとなる。
映画.comより)

邦題問題で少し前に話題になっていましたが、
そんなことは差し置いて、ファレルが音楽担当した、
NASAで活躍したアフリカ系アメリカンの話
と聞いて楽しみにしていました。
人種差別、性差別に対する鮮やかなカウンターパンチとして、
少し類型的かなとは思ったりしたけど、
逆境に立ち向かいストラグルする人間の話はいつだって心を打たれる。
Beyonceの曲にもあるように
Who run the world? Girls!と高らかに叫びたくなりました。

※ここから盛大にネタバレして書きます。

主人公3人が勤務先のNASAに向かうシーンのあとに
タイトルが出るんですが、
初っ端から人種差別問題が出てきます。
舞台となっているのは1960年代で
マーチンルーサーキングJrが存命している時代。
エンストした彼女たちの車に警察がやってきます。
警棒に手をかけた警官は彼女たちに有無を言わさず
身分証を提示することを求めます。
そこで揉めるっていうのはよく見るシーンですが、
彼女たちのクレバーな立ち振る舞いで
白人警官のパトカーを煽りまくるアフリカ系アメリカン3人組!
という本作の立場を示すような痛快なシーンが最高でした。
映画のつくりがとても丁寧で、映像的な伏線の回収、
たとえば施設内を何度も往復すること、
黒板で計算を披露することなど、
同じ動作でもそこに込められた意味合いが異なるというのが
嫌味なく自然に差し込まれているのがよかったです。
あとは色使いも特徴的。
NASAでは極めてドライな色味な一方、
主人公たちの家や西の計算部屋は温かみがある色味になっている。
「自分の肌の色は変えられないけれど状況は変えられる」という
めちゃくちゃかっこいいセリフがありますが、
それを画面が体現しているというメタ構造が
オモシロいと思いました。(ジャネル・モネイの名演!)
メインテーマとして人種差別が
フォーカスされているんですが、
さらに女性差別までリーチしているのが本作の特徴。
ダブルマイノリティという高い壁に対してくじけないで、
愚直に自分の信念を信じられるタフさ。
自分の思う未来へと突き進む力を与えてくれます。
彼女たちが置かれる苦境が過酷であればあるほど、
心に刺さってくる訳ですが、
たった50年前でもこんな状況だったのかと
知識で知っていても映像で見ると辛かったです。
本作を見た誰もがキャサリンの職場での叫びを
忘れることはできないでしょう。
現在ではこれほどの差別はなくなったものの、
人種問題は未だに、むしろ10年代に入って
加速しているようにも思えてしまう時代にこそ、
こういった分かりやすいストーリーは必要なのかも。
理系映画でもあってキャサリンが
数式書きなぐるシーンとか、
それだけでアガる場面ではあるものの、
一番オモシロかったのは
IBMのコンピューターにまつわる物語。
向学心のあるものが世界を変える、
典型的なエピソードだし、
まさかプログラミング時代突入前夜に
NASAであんなことが起こっていただなんて!
音楽は前述したとおりファレル・ウィリアムズが
曲を書き下ろしていて抜群!
HAPPY以降のソウルマナーチューンのつるべ打ちで、
高揚感!多幸感!が満載。
主人公たちの前向きな心持ちに合っていたと思います。
夢が叶わないこともあるかもしれないけど、
夢を持たないより100倍マシなことを教えてくれる映画。

2017年10月3日火曜日

奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール



<あらすじ>
「力まないカッコいい大人」奥田民生に憧れる
編集者コーロキが、おしゃれライフスタイル
雑誌編集部に異動となった。
仕事で出会ったファッションプレスの美女、
天海あかりに一目ぼれしたコーロキは、
あかりに見合う男になるべく、
仕事に精を出し、デートにも必死になる。
しかし、やることなすことすべてが空回り。
あかりの自由すぎる言動に常に振り回され、
コーロキは身も心もボロボロになってしまう。
映画.comより)

もともと原作を読んで好きだったんですが、
妻夫木聡×水原希子の組み合わせを大根監督で
映画化となれば期待大!で楽しみにしていました。
直前に原作を読み直していたこともあり、
あまりフレッシュさのない映画体験で、
期待し過ぎたかもしれません。
ただ、大根監督意外で映画化してたら、
最悪になっているのは間違いないし、
水原希子無双が2億%発揮されていました。

※ここから盛大にネタバレして書きます。

オープニングはコーロキの歓迎会で、
おしゃれライフスタイル雑誌のメンバーと
マンションでの食事シーンから。
こんな世界が現実に存在しているのかと思うと、
頭がクラクラするんですけど、
東京でカルチャーを次々と消費していく感覚が
スクリーンに映し出されていて、
何とも言えない気持ちになりました。
(ディアンジェロ、ジ・インターネットへの言及あたりに)
あらすじにもあるように、
コーロキは奥田民生が大好きで
印象的な場面で彼の曲が大きくフィーチャーされてました。
これが諸刃の剣になっているように感じました。
奥田民生再評価の文脈で考えると
こんな曲があるのかぁと色々知れて楽しかった一方で、
大根監督の選曲の醍醐味がなくなってしまっている。
菊地さんの本を読んでから映画の中で流れる音楽が
劇判のみなのか/ありものの曲も使うのか?について
気にして映画を見るようになったので、
もう少し多様性を持った選曲が見たかったです。
(でも、タイトルに「なりたいボーイ」って入ってて
他のアーティスト流れたら変な感じになるか。。)
菊地さんと言えば、
最初に登場するリリーさん演じるライターは
明らかに菊地さん寄せな気がしました。。
(ベレーと、ある種無鉄砲な見立てを取るところ)
まーこんなつまんない話は置いておいて、
本作はなんといっても水原希子!
一点突破!行くぜヒップホッパ!©ZEEBRA
最近は人種差別騒動もありましたが、
彼女に対してしょーもないこと言っている暇あったら、
この映画を見て考え直した方が幸せになれる気がする!
僕はあまり彼女のこと詳しくなくて、
何となくクールビューティー的な感じかな
と思っていたんですけど、それは見事に裏切られ、
パーフェクトな狂わせるガールを体現してました。
これでもか!というぐらいのキスシーンの多さ/濃さ。
見てる途中で胸焼けするぐらいで、
正直飽きてくるんだけど、
あの視線で再度ロックオンされるともう逃げれない。
といったループに見ているあいだ囚われていました。
セクシーさに加えて僕が一番好きだったのは、
天海祐希の使い方と水原希子を使った回収。
まさかJBのゲロッパで繋げてくるだなんて!
終盤の無理な展開は原作通りなので、
特に気にならなかったんですけど、
コーロキが腐ってしまう描写は欲しかったです。
家で友達とDVDで見ると楽しいかも。